2007年06月07日

アロマのフランス式とイギリス式

「フランス式」と言われるアロマテラピー
フランスでは、医師を中心に医療現場で生まれ、自然療法のひとつとして捉えられています。
精油は、医師の処方により、ブレンドされ、皮膚塗布、経口投与、座薬など、健康保険に適用される医薬品として使われていています。これが「フランス式」と言われるアロマテラピーです。

「イギリス式」といわれるアロマテラピー
精油の取り扱いに関する制約があるフランスから少ないイギリスに渡ったマルグリット・モーリー女史が、精油を植物油に希釈してマッサージする方法で美容やストレス解消、癒しを目的とするアロマテラピーです。
posted by アロマ at 11:18| アロマテラピーとは | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。