2008年06月24日

アロマ〜苦手な香り1位はスパイス系〜

レコメンデーションの専門企業、株式会社ALBERT(アルベルト、本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:上村崇)は、自社で運営するショッピングポータルサイト「見つかる.jp」の商品レコメンド(推薦)機能「おすすめ!アロマなび」における質問の回答を分析しました。

「ケアしたい部分はどこですか?」の回答を集計した結果、2007年10月〜2008 年3月では「こころ(メンタル)のケア」が40.1%と最も割合が高くなりました。続いて、「体調不良のケア&ボディケア」(36.9%)、「スキンケア・ヘアケア」(23.1%)となりました。アロマの香りでリラックスしたいという人が多いことが伺えます。

また、「どうしても苦手な香りがありますか?」の回答を集計した結果、気になる部分別に見ても大きな変化はなく、スキンケア・ヘアケアを指定した人は苦手な香りにスパイス系の香りと回答した人が48.5%となり、およそ50%と最も高い割合となりました。続いて、オリエンタル系、樹脂系となりました。

スパイス系は、ブラックペッパーなどに代表されるように料理にも使用される香辛料が原料の刺激的な香りです。スパイス系の香りのアロマオイルには、こころとからだの両方を温める効果が期待できるものが多くありますが、刺激が強く苦手とする人が多いのではないかと考えらます。

次に、苦手とする人が多かったオリエンタル系の香りのするアロマオイルの多くは、精神的なバランスを整え、リラックスさせる効果があるといわれていますが、香りが濃厚なものが多いので人によって好き嫌いが分かれると考えられます。

最も苦手とする人が少なかったシトラス系は、さわやかでフルーティな香りのものが多く、多くの人に好まれる香りであることが伺えます。

News2UNet (プレスリリース) - 208/06/23
posted by アロマ at 13:50| Comment(0) | TrackBack(0) | アロマテラピーとは | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月09日

アロマテラピー検定2級セットアロマテラピー

<他ページからの引用したアロマの知識> 世界各国のアロマテラピーフランス、スイス、ベルギーはアロマテラピーの先進国では、すでに早くアロマテラピーが医学となっており自然療法の薬として薬局中心に販売され内服も認められています。

しかも サイトに帰ってからは、亀山ハイウェイオアシスで購入したヤンキーキャンドル(面白い名前でしょ!?)を使ってアロマテラピーしながら呑みました。

今回のキャンプは広いサイトでとてもゆったり過ごす事ができました。

しかも■商品名:トライアルミニコンセントライトセット スターライト ■価格: 3045円 ■詳細: 始めてアロマテラピーを楽しみたい方! ちょっと気取ったプレゼントに! 使い方はとても簡単! 特徴: 1.5mlのスクリュー管に人気の BODYアロマテラピーだと言っていた。しかも最近痴漢だ、仕事でのミスだ、と災難続きで心がすさんでいたのでアロマテラピーにチャレンジしてみることにしました。

気になる香りでずっと真似してみたかったのが日本橋Lotus8(雑誌Yoginiが運営しているヨガスタジオ)のアロマの香り。

posted by アロマ at 23:46| Comment(0) | TrackBack(0) | アロマテラピーとは | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月11日

キャロルフランクから待望のメンズラインがデビュー

1975年、パリで誕生したフィトアロマティック スキンケア「キャロルフランク」。エッセンシャルオイルによる“アロマテラピー”と、植物が持つパワーを利用した“フィトテラピー”を融合させたコスメは、心に作用するとともに、肌に結果を出すアグレッシブなアロマケアとして世界中で愛されている。

 その「効くアロマ」を我々にも……という男性たちの熱い要望に応え、植物のパワーを男性の肌のメカニズムに合わせて開発&処方。日々のグルーミングケアを充実させ、肌と心を同時にメンテナンスするケアメンズ化粧品「キャロルフランク オム」が9月5日に誕生した。

ラインナップは、シェービングフォーム、シェービングオイル、保湿クリーム、アンチエイジングクリーム、アイクリームの全5品。全ての製品に主成分として配合されているのは“クリストマリン”抽出成分。クリストマリンは沿岸に生息する植物で、乾燥などの過酷な気候に対する抵抗力が備わっている。そのパワフルな生命力は、シェービングで敏感になりがちな男性の肌の水分保持力を高め、みずみずしく保つ働きがある。

 そのほかにも、シスタス、イモーテル、レモン、ゼラニウム、ラベンダー、ミントなど、選りすぐりの植物から抽出したエッセンシャルオイルを配合。スキンケア効果とともに、一日の疲れや緊張をほぐしたり、バイタリティーを与えたり、優れたアロマテラピー効果で心のコンディションもサポート。健康的で清潔感溢れる肌に仕立てるオトコの嗜みとしてはもちろん、仕事や恋愛で溜まったストレスのケアにも役立つだろう。

「キャロルフランク オム」が提案するスキンケアは、シェービング&保湿のシンプルステップ。このスキンケアの要になるのがフェイス用オイル「ユイル ド ラサージュ」。

(エキサイトism - 2007年9月3日)

posted by アロマ at 11:15| Comment(0) | TrackBack(0) | アロマテラピーとは | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月06日

アロマ歯磨きで、歯にも癒しの習慣を

世の中はストレス社会だ。
ストレス解消の術は多くあるが、その中でもアロマテラピーはすでに定番中の定番。
よもやこんなところでまでアロマの文字を見るとは……というアイテムも多く市場に出回っており、そんな一品をドラッグストアで発見した。

それが「セッチマ アロマティックハミガキ」という、歯磨き粉だった。

販売元はオーラルケアに力を入れているサンスター株式会社。
この商品は今年の3月から全国に向けて販売が開始されたもので、天然ハーブのアロマを取り込んだ歯磨き粉だという。
現在、3種類が販売中でリフレッシュのできる「セージ」、シャッキリとした気分になれる「マジョラム」、ゆったりリラックスしたいときは「ラベンダー」……と、その日の気分によって香りを選択できる。そんなところもアロマ的なのだ。

どの香りが人気であるという統計はまだ出ていないようだが、小売店の方に話を伺ってみると「ラベンダーがよく売れています」とのこと。
皆、リフレッシュよりもリラックスしたがっているのかもしれない。

3つの香りの中から、シャッキリとした気分になるというマジョラムを試してみた。
歯ブラシに出して香ってみたが、想像していたよりも強い匂いではない。が、口に入れてみると爽やかな香りが広がる。

口の中で優しく香るタイプのため、これなら香りに敏感な人でも大丈夫。おなじみのミント系の爽快感はないが、口の中からふんわり癒される歯磨き粉なのである。

それに、ただの香りが良いだけの歯磨き粉かと思いきや、99%天然由来成分のを使用、口臭予防に汚れ落としといった歯磨き粉本来の働きもしっかりプラスされていて、元来の目的としてのパワーもなかなか。
容量は45グラムと少し小さめとはいえ、1回約1g使用を目安にすればおよそ約45回使用できる計算だ。

もちろん1つだけでなく、朝はこの香り、昼の香りはこれ。夜の締めは……と香りを変えたりいくつかの香りを混ぜてみたり、そんなアロマ風の楽しみ方もできそうだ。

(エキサイト - 2007年8月19日)
posted by アロマ at 14:19| Comment(0) | TrackBack(0) | アロマテラピーとは | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月07日

イーラーニングのナレッジサーブから、カルチャー系 スポーツ講座【 [GGプライベートゴルフレッスン]1アロマテラピー

趣味・特技(いくつでもOK)    【 趣味 】買い物、小説書く、本読む、アロマテラピー  【 特技 】キーボード見ないで打つ(ブラインドタッチ 22。

好きなブランドはある?   ヴァンス、セシル 23。

今行きたいとこは?   ??買い物行きたいかなぁ。

なんと 身近な所ではユズの香りも立派なアロマテラピー。

おうどんの上にひとひら乗せるユズの香り、素敵ですよね。

もうひとつおうどんに付き物の七味唐辛子。

これも和のミックススパイス。

アロマテラピーって難しそう!とか特別なもの!と考えずに だからそれはお買い物。



日曜はしこたま買ってやったぞ。

ぐふ。



■生活の木で、『ハーブ30周年記念アロマテラピーBOX』 18種類の精油と、専用BOX。

■同じく生活の木で、アップルソープ。

めっさイイかほり。



Bum Internet Service ハーブ ハーブ苗約300種類やハーブティー、アロマテラピー関連商品を販売しています。

ハーブレシピ等ハーブのある暮らしの提案も行っています。

ゴルフワールド:神奈川,東京ゴルフ アロマテラピーは置いといて、そして アロマテラピーのフットマッサージがあったり(ハーブティーつき!!)、 退院前夜の夕飯には「お祝いのステーキ」がついてたり フム( ̄ロ ̄= ̄ロ ̄)フム こんな感じで施術→ローションで拭き取りを繰り返して 本来のお肌が顔を出し
posted by アロマ at 13:34| アロマテラピーとは | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月07日

アロマのフランス式とイギリス式

「フランス式」と言われるアロマテラピー
フランスでは、医師を中心に医療現場で生まれ、自然療法のひとつとして捉えられています。
精油は、医師の処方により、ブレンドされ、皮膚塗布、経口投与、座薬など、健康保険に適用される医薬品として使われていています。これが「フランス式」と言われるアロマテラピーです。

「イギリス式」といわれるアロマテラピー
精油の取り扱いに関する制約があるフランスから少ないイギリスに渡ったマルグリット・モーリー女史が、精油を植物油に希釈してマッサージする方法で美容やストレス解消、癒しを目的とするアロマテラピーです。
posted by アロマ at 11:18| アロマテラピーとは | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月03日

アロマテラピーとは

■アロマテラピーとは
アロマテラピーとは、自然療法の一つで『アロマ=芳香』『セラピー=療法』という意味です。

花や草などの植物から抽出される天然の芳香成分、【精油(エッセンシャルオイル)】を用いて、
心と身体のバランスを整え人間本来の自然治癒力や抵抗力を高めるものです。

「アロマテラピー」とはフランスの香水研究所の化学者ルネ・モーリス・ガットフォセが、名付けた造語で1937年には同名の本を執筆しています。

フランス語で「アロマテラピー」、英語では「アロマセラピー」と言われています。

「アロマテラピー」という方が日本では一般的ですが、英語読みの「アロマセラピー」は本来の正しい発音に近く、医療の世界では「アロマセラピー」に統一されているそうです。

フランス、ドイツ、ベルギーなどではアロマセラピーは医療行為のひとつとして定着していて精油は医薬品と同様に扱われ、品質についても細かな規定があります。
posted by アロマ at 20:07| アロマテラピーとは | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。